青汁の種類は?原料で比較してみよう

青汁というと、昔はケールの青汁を指していたのですが、その後の第2次青汁ブームからは、ケール以外の青汁が数多く発売されるようになりました。
「ケール」に続く人気の原料となったのは、「大麦若葉」。そして、最近では「明日葉(あしたば)」の人気も高まっています。

それぞれ、どんな特徴があるのか検証してみましょう。

元祖青汁と言えば、やっぱり「ケール」

「まずい!もう一杯!」という、衝撃的なテレビCMをまだ覚えている方も多いのではないでしょうか?
はじめて青汁という名前が広まったのが、ケールを原料としたキューサイのCMでした。

ケールは、ヨーロッパが原産とされるアブラナ科の植物で、キャベツやブロッコリーの原種で、和名ではハゴロモカンラン(羽衣甘藍)と呼ばれています。
日本で、野菜として食べることはほぼありませんが、ヨーロッパでは生食で一般的に食べられているそうです。

ケールには、様々な栄養素が含まれており、体にとってとても嬉しい効果が多数報告されています。
特に特出すべきは、「イソチオシアナート」。これはがん細胞の発生を抑制する効果、血栓防止作用があると言われています。
また、食物繊維が豊富で、便秘の解消に力を発揮します。

ケールには独特の苦みがあります。これが苦手だという方も多いのですが、今は、ケールが原料の青汁でも飲みやすく工夫されているものもありますので、試してみるといいでしょう。

ケールの青汁は、独特です。癖があります。しかし、その癖こそが「クセ」になる人も多いのです。

 ケールの青汁の紹介ページ

「大麦若葉」が原料の青汁は癖がなく飲みやすい

次に大麦若葉を原料とした青汁です。
大麦若葉は、大麦の若葉のことで、イネ科の植物になります。
大麦若葉を原料とした青汁は癖がなく、とても飲みやすいのが特徴で、「抹茶味」などに加工されており、野菜が苦手な人でも、全く抵抗がなく飲むことができるでしょう。

栄養素としては、ケールには及びませんが、食物繊維も豊富で、便秘の解消にも適しています。
また、ビタミンB1が多く含まれており、肌荒れの改善など美肌効果も期待できます。
さらに、特記すべき点として「活性酸素を分解する酵素SODが多量に含まれている」ということも魅力の一つ。活性酵素は体内で増えすぎると、ガンや心筋梗塞などの病気を引き起こすと言われています。この活性酵素を分解し無害化するのがSODです。

 大麦若葉の青汁の紹介ページ

「明日葉」の青汁にはデトラックス効果が!

明日葉(あしたば)とは、八丈島が主産地で、とても生育が早く、「今日積んでも明日には新しい芽が出てまた収穫ができる」という意味からこの名がついたと言われています。

大麦若葉よりは少し癖を感じるかもしれませんが、ケールほどではなく飲みやすい青汁の原料です。

明日葉の期待できる効果として、一番に挙げられるのは「デトラックス効果」です。
これは明日葉の中の「カルコン」という成分によるもので、このカルコンは体の老廃物を除去し、むくみなどを解消すると言われています。
また、鉄分、ビタミン、食物繊維も豊富で栄養素としては「ケールを上回る!」と絶賛されています。

 明日葉の青汁の紹介ページ



他にもいろいろな種類の青汁が発売中です!

上記の3つに続き、今ではいろいろな種類の青汁が発売になっています。
桑の葉、レモン入り、緑茶入り、コラーゲン青汁、アミノ酸入りなど・・・。
それぞれ、各メーカーとも、研究を重ねより体にいいもの、飲みやすいもの…と開発を進めています。

当サイトでも、様々な原料の青汁とそのメーカーを紹介していますので、ぜひ、購入の際の参考にしてみてください。